雑草予防を行なえば作業費用や時間を節約できる

面倒なことが嫌いな方におすすめの草刈り方法

庭や住宅に雑草が生えるのを防ぎたい場合は、雑草予防に有効な対策を日頃から実践していく必要があります。

Q&Aで疑問解消

簡単な草刈り方法はありますか?
雑草を簡単に処分したい場合は、根がそれほど張らない時期である春の初めに除草作業を実施するのがベストです。根っこも残さずにしっかりと雑草をとっておけば、作業を完了した後すぐに雑草が生えてくることはありません。また地面が乾いている時に雑草を抜く場合は、水まきを行なって周囲の土地を柔らかくしておく必要があります。土が湿っている方が、雑草は根元から抜きやすくなるからです。

自分で後始末をするならコレ

バスケット
枯れ葉などを入れるためのバスケットを活用すれば、大量に刈り取った雑草もスムーズに持ち運ぶことが可能です。一般のバスケットよりも丈夫な作りになっているため、枝や石などのものが一緒に入っても破けてしまう心配はありません。
バキューム
雑草を大量に刈り取った際は運搬に多くの手間と時間がかかってしまいますが、バキュームを利用すれば短時間で雑草を集めることが可能です。収集した雑草を細かく裁断してくれる機能があるため、雑草の大きさをより小さくすることができます。

これがあれば雑草が生えづらくなる

庭や駐車場などの場所に雑草が生えてくるのを防ぎたい場合は、雑草を取り除いた後に砂利や除草砂などのアイテムを設置しておく必要があります。こうした便利アイテムの中で多くの人に愛用されているのは除草シートであり、最近では通常よりも雑草が生えにくくなる期間がとても長い除草シートも登場してくるようになってきました。雑草を処分した後にシートを設置しておけば、雑草が繁殖するのを防ぐことが可能です。また作業後は草取りなどの作業を実施する回数が減るため、庭や畑の手入れにかかる時間や費用を減らすことができます。シートの設置に手間がかかることはありません。

TOPボタン